学校保健からのメッセージ

APS School Talkロゴ

APSファミリーおよびスタッフ各位:

インフルエンザとノロウイルスの季節はここです。 インフルエンザは通常呼吸器症状を引き起こし、ノロウイルスは突然の嘔吐と下痢を引き起こしますが、どちらも人から人へと簡単に広がります。

自分と他人の両方を保護し、学校での病気を減らすために、学校の健康はあなたが次の手順を踏むことを求めています:

  1. 家族全員(大人と子供)に定期的に手を洗わせ、咳やくしゃみを覆ってもらいます。 APSウェルネスポリシーに記載されているように、学校に到着したとき、食事の前後、およびトイレを使用した後は、手を洗うことが特に重要です。
  2. 学校に通知し、家にいる(スタッフ)か、子供を家に預ける(学生) 100.4以上の発熱、特に咳や喉の痛み、または嘔吐や下痢の症状がある場合。 学校に戻る前に、あなたまたはあなたの子供が24時間症状と発熱がなく、気分が良くなるまで待ってください。

思い出してください 病気や病気の拡大を防ぐことで、あなたやあなたの家族だけでなく、感染症と戦う能力に影響を与える深刻な状況にある学生やスタッフも保護します。 すべての教室には、喘息、糖尿病、心臓病、重度のアレルギー、嚢胞性線維症、がん、またはその他の病気にかかりやすい人がXNUMX人以上います。

インフルエンザワクチンを接種するのに遅すぎることはありません! 公衆衛生は強くお勧めします 誰も 6か月以上の年齢が毎年インフルエンザワクチンを接種する必要があります(まれな例外を除いて–クリック ここ 詳細について)

  • お近くのインフルエンザワクチンを見つけるために行きます http://flushot.healthmap.org/ 郵便番号を入力します。
  • アーリントン郡公衆衛生課にも毎週いくつかの持ち込み診療所があります。 クリック ここ 詳細については。 ワクチンは無料の場合もあれば、(保険のステータスによっては)自己負担分が含まれている場合もあります。

ご清聴ありがとうございました。

敬具

 

サラ・N・ベル、RN、MPH サミュエルステビンズ、MD、MPH
学校保健局長 公衆衛生医